私の日本三景・・新日本世界7不思議の旅行記
私の日本三景・・新日本世界7不思議の旅
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
京都、大阪、食い倒れないツアー10お好み焼き食い倒れ、千房
2007-07-19-Thu  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー10お好み焼き食い倒れ、千房

次の日は、お買い物してから、お昼に千房にいきました。
ここは鉄板焼屋なので、
気合を入れないと駄目ですが、
最初から凄い量の焼き物がでてきます。

お好み焼き、焼ソバ、そして最後に、またお好み焼き・・。
もう食えん。
さすがにほとんどの人が残してしまいました。
誰がこんなに頼んだのか?
いえいえ普通のコースですって!
私は2日酔いもあって、ビールも飲まずに食いつづけましたけど・・。

それからいよいよ大阪を離れます。
吹田から乗って、長野県に戻ります。
名残惜しいですが、食い倒れずに終わったので、
食い倒れ無いツアーでしょうか?

帰りには、岐阜県土岐市にある、アウトレットモールによって、
特に買い物をするわけでもなく、
バスにゆれて、石に揺られて、
長野に戻りましたとさ!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー9大阪城と松村
2007-07-11-Wed  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー9大阪城と松村

そして大阪城では、駐車場からお城までが遠い・・。
遠い・・・。
10分くらいかかるよ。
まあいいけどね。
歩くのは健康にいいから、
あれほどのみすぎ食い過ぎのあとならば、
やはり少しは運動をしないとね!

大阪城には、久しぶりに入りました。
入城すると、やはりはしゃいでしまいます(笑い)。
私は城マニアでもあるんですよね。

また中に入ると、
最初から大阪冬の陣、大阪夏の陣の模型とかマップがあるんだもの。
真田幸村とか真田大助も出てくるし、
凄く見て回っちゃったよ。
はしゃぐに決まっているジャン!

それから再びバスでホテルへ。
その日、夜の宴会の前に、笑点を見ると、松村が出ていました。
体重が141kgから95kgに減ったらしいけど、
初登場だって。
確かに笑点には、似合わない。
でもさすがに笑点の時は、真面目そうに見える。
いい男になったんじゃないの?
まずまず面白かった。

それから宴会をして、食い倒れ人形を見て、
グリコ人形を見て、ドンキホーテの観覧車をみました。
うーん、大阪もまずまず面白いね。

飲み屋の名前も、
道頓堀にあるから、とんぼり○○という名前の飲み屋だったし、
大阪の風情が出ていました。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー8通天閣新世界の壱番!
2007-06-05-Tue  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー8通天閣新世界の壱番!

それから通天閣に向います。
通天閣では、串カツどて焼の壱番に行きました。
新世界の街中に入らないといけないので、
これはしんどいです。

何故って、大阪人がうようよいます。
外人も、うようよいます。
東京の人ゴミが怖くても、
大阪の人ごみには来やすいのか?
大阪人、日本人、外人さんと、いろんな人が歩き回り、
動き場もなく、少しつらいです。

それから店に到着しました。
まさに通天閣の真下。
いい眺めですな。

それにこの壱番では、いろんな串焼きが一杯出てくる。
それこそ食べ切れんよ。
腹いっぱい。
ビールも飲み干すと、
今度は、大阪城です。

ここからは商工会に合流したので、
バスに乗ります。
ちなみに貸切のバスといえば、後ろで何かをすることになります。
私も楽しく参加して、
今日はうはうはでした。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー7いよいよ大阪には京阪電鉄で!
2007-05-26-Sat  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー7いよいよ大阪には京阪電鉄で!

それから次の日は、大阪に行く為に、
三条駅で三条京阪に乗り換えました。
ここからは京阪の方が都合が良いので、
いつもの阪急ではなく、京阪にしました。

それにしても、阪急電鉄でも京阪でもそうだけど、
近畿の人は、阪急電車、京阪電車と、
電鉄ではなく、電車という言い方をするんだよね。
何故だろう?文化の違いかな・・・。

また京都のエスカレーターで気付いたけど、
おばあちゃん以外では、右側で立っている人はいなかったことです。
東京では勿論、左側が止まる人、右側が歩く人だが、
一般的に、関西では、左側が歩く人、右側が止まる人である。
ところが、前に京都に来た時は違かった気がするが、
今回の京都のエスカレーターは、ほとんど東京と変わらんねえ。

その後で、京阪で大阪に着くと、やはり、ほぼ全員が、
エスカレーターでは東京と反対でした。
そうなると、つまりは京都は東京化しているけど、
大阪はまだまだ健在ということでしょうか。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー6下鴨神社とホテルで無い詰所?
2007-05-14-Mon  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー6下鴨神社とホテルで無い詰所?

それから、せっかくなので、神社にも入ってみる。
もう17時近いので、少し寂しいが、
まだまだ観光客はいた。
中に入ると結構デカイ。
それも世界遺産だったらしい。
そうなんだ?
それは凄いね。
中には、赤い朱色の橋もあって、
いい感じですね。

それからバスに乗って、京都市街地に戻りました。
シノダコーヒーとか探したけど分からず、
リプトンも分からず。
普通にコーヒーだけ飲みました。

今日はつめ所にて宿泊です。
昨日はホテルでしたが、
この詰め所というものに興味が沸いたので、行って見ました。
すると、これはなんと、どうやら寺普請などの際に、
地方から来た労働者を大量に泊めるような、ドヤ街のようなものだとのことです。
建設労働者用の宿舎かよ!

明治維新後とか、終戦後とか、
もちろん寺以外も大きく被害を受けましたが、
そういうところは、民間のホテルや旅館でも出来るし、
地元の建設業者でもやるだろうけど、

お寺の再興というのは、宗教であることから、
お金ではない労働力での提供もありうることで、
地方の檀家などから寄進を受けて、
労働力が提供されたらしい。
そんな時に労働者の宿舎として、こういう詰所が生まれたようだ。
でも、宿舎か・・・。
ちょっと失敗か?

私も、結局その日は富山系の詰め所に泊まりました。
少し寂れているけど、かえって私には丁度良いかもね~。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー6下鴨神社とホテルで無い詰所?
2007-05-14-Mon  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー6下鴨神社とホテルで無い詰所?

それから、せっかくなので、神社にも入ってみる。
もう17時近いので、少し寂しいが、
まだまだ観光客はいた。
中に入ると結構デカイ。
それも世界遺産だったらしい。
そうなんだ?
それは凄いね。
中には、赤い朱色の橋もあって、
いい感じですね。

それからバスに乗って、京都市街地に戻りました。
シノダコーヒーとか探したけど分からず、
リプトンも分からず。
普通にコーヒーだけ飲みました。

今日はつめ所にて宿泊です。
昨日はホテルでしたが、
この詰め所というものに興味が沸いたので、行って見ました。
すると、これはなんと、どうやら寺普請などの際に、
地方から来た労働者を大量に泊めるような、ドヤ街のようなものだとのことです。
建設労働者用の宿舎かよ!

明治維新後とか、終戦後とか、
もちろん寺以外も大きく被害を受けましたが、
そういうところは、民間のホテルや旅館でも出来るし、
地元の建設業者でもやるだろうけど、

お寺の再興というのは、宗教であることから、
お金ではない労働力での提供もありうることで、
地方の檀家などから寄進を受けて、
労働力が提供されたらしい。
そんな時に労働者の宿舎として、こういう詰所が生まれたようだ。
でも、宿舎か・・・。
ちょっと失敗か?

私も、結局その日は富山系の詰め所に泊まりました。
少し寂れているけど、かえって私には丁度良いかもね~。
ページトップへ  トラックバック0 コメント5
京都、大阪、食い倒れないツアー5今宮神社と下鴨神社
2007-05-07-Mon  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー5今宮神社と下鴨神社

それから大徳寺の次は、今宮神社である。
ここには、神社というよりも、
串もちみたいな串焼を食べに来た。
なんでも、タクシー運転手いわく、
左側の店がおいしいらしい。

そして店に着くと、
右には、元祖が、左には、本家がみたいな状況となっています。
まあ結局は、左の店が最初に始まっておばあちゃんがやっていたけど、
その後右の店も始まって、
そこはMKタクシーだけが推薦しているらしい。

ここでもMKタクシーとそれ以外のタクシー業界が、
しのぎを削っているようだ。

まあ、いずにれせよ、
その味付けというか、味噌の味は、やっぱり本家本元の最初の左側の店が美味しい。
それは仕方がないことだね。

それから下鴨神社へ行く。
ここはぜんざいなどのもち系が得意な甘味処があるらしい。
私たちも行って見た。

どうやらここも有名で、
私は雑煮を食べる。
テーブルが曲がっていて面白いね。
味はまずまずだが、ずっと食べているので、
なんだかお腹が一杯になってきたよ。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー4京都巡り大徳寺
2007-04-29-Sun  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー4京都巡り大徳寺

次の日は、京都めぐりです。
まずは大徳寺に行きます。
大徳寺は、狩野永徳、狩野松栄親子の襖絵が有名らしい。
早速いくことにしました。

大徳寺につくと、周りには、大徳寺の地名が豊富だ。
ここは大徳寺の門前町として、栄えたのかなあ。
また中を見ると、その中に僧坊がたくさんある。
ここは善光寺とかと一緒で、
幾つかの寺や坊が集まって、大きな寺となっていて、
更には、その傘下にいる僧侶が、敷地内にお堂を構えているような、
そんな大きな寺のようだ。

最初は、狩野親子の襖絵のあるお堂に入る。
確かに素晴らしいものでした。
山水画なので、色は薄いのですが、
鉱物を練りこむことによって、
少し色を出してみたりしてあるし、
そもそもその薄さが、凄く年代を感じさせる。
まあこういうものもいいんでしょう。

またこういうお堂には、パトロンを接待するための部屋があるらしい。
それを旦那の間というそうだ。
そこから、旦那さまとは、一家の主をさすようになったとか。
勉強になりますね。

更に、一休禅師が作った真珠庵にも行く。
ここも旦那の間とかあるし、
水墨画もあるし、
離れも可愛い作りであるし、
中々趣のあるいいお寺でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー3・・・松乃鰻寮と六盛
2007-04-22-Sun  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー3・・・松乃鰻寮と六盛

さて、木野駅からは、歩きです。
木野駅に一応看板はありますが、
東に向って100mくらいですって?
でも全然辺りに見当たらないよ。
住宅街の一室なのかなあ?

少し歩くと、ありました。
ありましたよ!
京都らしい古めのいい感じの建物です。
さて、中では、うなぎの蒲焼、白焼、そして肝、
更には、うなべです。

確かにこのうなべうまいよ~。
うなぎ雑炊に、ほどよく肝や玉子がとけていて、
本当に美味しい食べものでした。
ビールも飲んだしね・・。

でも、だけど値段見てびっくり!
5人で、5.5万円・・・。
中々の良いお値段ですな!

それから京都国際会議場で会議を行なって、
今日は懇親会を六盛で行なうとのことでした。
ここは、京都でも老舗の料亭なのか、割烹なのか、
食事どころなのですが、
まあ今日は普通の新年会という事で、
ごたごたの中やります。

でも友人に聞いたら、ここは、そんなに美味しくないって、
私が食べた感想は普通です。
特に不味くはなかったよ。
ただ元々コース料理の日だから仕方ないよね。
これにて一日目は終了です。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
京都、大阪、食い倒れないツアー2・・・叡山電鉄にのらねば!
2007-04-16-Mon  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー2・・・叡山電鉄にのらねば!

さて、それから京都深草のバス停に停まりました。
久しぶりの京都にやって来ました。
時は、冬の寒空ではあるが、日差しが少しだけ暖かい。
タクシーは使わずに、徒歩で藤森駅に向います。

京阪電車に乗ると、20分ほどで京阪の終電の出町柳に到着。
それから叡山電鉄で行くことになります。
ただ、京都の地図があまりに面白いので10分程見ていたら、
先の列車が出てしまった。あれま・・。
もっと注意しないとね。
私は地図マニアだから、
気をつけないと、いつまで経っても地図を見るのをやめません。

それから叡山電鉄の改札口にやって来ました。
叡山電鉄も、銚子電鉄と変わらんなあ・・。
車両は2両連結のみ・・。
あ、でも、銚子は途中までは車掌がいたんだ!
叡山電鉄は、基本的にずっとワンマン電車です。

いや、この叡山電鉄は、木野駅までずっと複線だったから、
ずっと単線の銚子より凄いかも!
それに、車両自体が銚子より新しいし、
叡山の方が幅も少し太くないか?
まあ、そんな感じのローカル線でしたよ。
どっちもどっちと言う感じです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント3
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 私の日本三景・・新日本世界7不思議の旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。