私の日本三景・・新日本世界7不思議の旅行記
私の日本三景・・新日本世界7不思議の旅
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行8・・・加世田、串木野
2009-05-14-Thu  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行8・・・加世田、串木野

それから加世田へ行きます。
加世田では、商工会議所で待ち合わせなのですが、
13時からということで、
今は12時過ぎで中途半端なので、
うどん屋で昼食を食べて、それから向います。

けっこうここのうどんは、美味いです。
鹿児島は、さつまいもに、
うなぎの養殖に、
うどんも名物かや?

さて、加世田JCでも、普通に話してくれますね。
後ほど最低な扱いを受ける川内市の川内JCという川内青年会議所の人とは大違いです。

次に串木野市へ。
串木野市でも、ちょっと時間をずらしたり、
先方に迷惑をかけたのですが、
普通に会ってくれました。
串木野JCメンバーには、感謝です。
嬉しいことです。

今回は、社団法人日本青年会議所の会頭選挙の為の、
事前の選挙活動のための挨拶にすぎないから、
別に挨拶だけだし、
構える必要はないのですが、
快くお会いしていただける、(川内JCを除く)全てのJCメンバーには、
感謝しております。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行7・・・枕崎は台風だけでない!
2009-04-19-Sun  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行7・・・枕崎は台風だけでない!

それから枕崎です。
枕崎の突き当たりにその待ち合わせの会場があって、
2人と面会しました。
なんでも、枕崎の商工団体に所属している人が、
最近東京に移ったとの事で、
そんな話で盛り上がりました。

まあ、つまりは、枕崎JCから、東京JCに移ったということですね。
結局、その人には、後日、社団法人東京青年会議所でお会いしたら、
築地の昆布だか魚介類だかの卸売り会社の人で、
枕崎に工場があるから、枕崎JCにいたんですって!
東京JCでは、委員長とか頑張っていたし、
あ、日本JCでも、副委員長やっていたはず・・・。(←過去の事で良く覚えていないけど)

枕崎JCの方々は、話も聞いてくれるし、愛想もいいし、
何より誠実な方々なので、本当に良かったですよ。
川内JCのように、ドタキャンしたくせに、にやにや笑っていた最悪な人々に比べて、
鹿児島のJCメンバーの皆様は、最高でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行6・・・開聞岳でパラグライダーしたい!
2009-04-14-Tue  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行6・・・開聞岳でパラグライダーしたい!

次は枕崎ですが、途中の景色は良いですよ。
もう11時を回りますが、天気は快晴です。

左手には、開聞岳が大きく聳えています。
うーん、これって凄く格好いいよ。
まさにミニ富士山のように、尖った山でした。

こういう山は見ているだけで楽しくなるし、
ここで登山したり、
パラグライダーしたら本当に楽しいだろうね。

でも、これは、東京JCによる、日本JC会頭選挙に向けての、
選挙活動前の、基本挨拶だから、
遊びは駄目だからね。
まあ、仕方ない・・。(←当たり前です)

次に知覧を通ります。
知覧は第2次世界大戦の際に、
特攻隊で有名な場所です。
知覧の飛行場の看板とか出てくるので、
太平洋戦争のことも思い出されます。

東京JC又は、日本JCでは、
毎年、知覧への慰霊の為の旅行をする方々が多いけど、
私達は、これには行けないので、
本当は、ちょっとだけでも、慰霊に行きたかったところですね。

知覧の手紙とか読んだら、涙流れるからね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行5・・・喜入の石油貯蔵庫、指宿温泉は南国だあ!
2008-07-26-Sat  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行5・・・喜入の石油貯蔵庫、指宿温泉は南国だあ!

次の日は、まずは指宿へ。
指宿の砂風呂には、本当に入りたかったのですが、
まあ、今回のあくまでも、基本は選挙の行脚なので、
諦めて、仕事に専念します。

鹿児島駅からも、指宿はさすがに遠いですね。
凄く時間がかかります。
でも鹿児島ってやはり南国なんですね。
少しずつ南へと向って行きますが、
街並みに、ソテツとか、南国の樹木も見えてきますよ。

更に、途中には、鹿児島の市電なんかも見えていて、
中々いい感じの鹿児島紀行です。

少しずつ南にいくと、喜入に着きました。
ここは日本で有数の石油備蓄基地があるところです。
道路沿いから見ても、巨大な石油タンク群が見えます。
いろんなものが見えますね。

そして指宿です。
ソテツが辺りに生えていて、南国の雰囲気満載です。
まずは挨拶に行きます。

ここでも普通にお話を聞いてくれるので、うれしいですね。
その後川内青年会議所という団体に無視されたので、
それに比べるとうれしいですね。

一通り話をすると、指宿駅へと向いました。

いよいよ助さんとはお別れです。
すけさんは、仕事の関係で、
今日お昼前に鹿児島空港を出る必要があります。
ここの指宿駅から、先に鹿児島空港へ行き、
帰るのです。

駅へ行くと、結構ここもいい感じです。
ソテツ一杯で、南国の駅という感じです。
助さんを見送り、次の土地へ向います。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行4・・・鹿屋、鹿児島へ!
2008-05-02-Fri  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行4・・・鹿屋、鹿児島へ!

今度は鹿屋へ向います。
本当は、鹿屋から、桜島へ渡り、そこからフェリーで渡りたいのですが、
中々時間が押していて、
フェリーの時間には、間に合わないようです。
残念だなあ。
桜島を横目に、噴火の火山灰を浴びながら、
楽しくフェリーで渡りたいのですが、
仕方が無いので、高速道路で向いました。
左手には、ウス曇の中、桜島がもうもうとやっています。
でも夕方なので、あっというまに日は陰り始まります。

鹿児島に着くと、まずは鹿屋の人とお話し、それから鹿児島の人とお話します。
まあ普通のお話です。
特に何もなく終わりました。
その後、川内JCという最低の団体に無視されたので、
それに比べればありがたいですね。
外に出ると、もうあたりは真っ暗です。

今日は宿泊は、指宿の砂風呂と決めていました。
そうです、せっかく鹿児島に来たのだから、
揖宿とか、楽しそうな温泉に入って、
ゆっくりしたいよね~。
でも、時計を見たら、もう21時だよ!
今から指宿だと、たぶん90分はかかるから、もう22時過ぎるなあ。
どうしよう・・・。

私だけが、砂風呂を主張したのですが、
結局、みんなが普通のビジネスホテルで良いというので、
仕方なく諦めて、普通の東横インへ。
近くの居酒屋で食事をして一日目を終えました。


ページトップへ  トラックバック0 コメント1
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行3・・・国分へ志布志湾へ!
2008-04-08-Tue  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行3・・・国分へ志布志湾へ!

まあまあ、それは良いとして、
日本レンタカーを空港で借りて、
まずは国分市へ。

国分では、電機工場の社長の息子さんに合うことになっています。
工場は、少し山道を上がって行くと、直ぐにありました。
挨拶をすると、意外と気さくでした。
この後は川内市の最悪な商工団体で、苦労させられたことを考えると、
きちんと挨拶をさせてくれたのは、非常に素晴らしいことだね。

それから今度は、志布志湾へ。
地図で見ると近いので、のんびり行きます。
ところが、中々志布志にはつきません。
ええ、どういうこと?
地図では近いのに、一体いつになるの?
予定の16時にはつきそうにありません。

そうです、鹿児島は、北海道や新潟などと同じで、
土地が長いので、地図の縮尺が小さいんです。
土地が長い上に、奄美大島とか、種子島とか、
島の部分の地図が入って来るので、縮尺が小さくて、
他の都道府県の距離の縮尺とは少しずれているのです。

地図上では、東京とかの半分くらいになってしまうから、
短いと思える距離が、滅茶苦茶遠いんです。
2時間ほどかけて、漸く到着しました。

ふう・・・、疲れた・・。
ここではお茶を飲みながら、選挙のためのあいさつを・・。
本当は、次の鹿屋とか、鹿児島とか、時間が迫っているので、
早く先に進みたいのですが、
なんだか話が盛り上がってしまい、
ここは1時間ほどしゃべってしまいました。


ページトップへ  トラックバック0 コメント4
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行2・・・水戸黄門の出来上がり!
2008-03-21-Fri  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行2・・・水戸黄門の出来上がり!

さて、今回の旅ですが、
3人とはいえ、どんなメンバーで行ったのでしょうか?

そうです、誰と一緒に行ったのかというと、
1人は、Iさん、年齢は4つ上。
身長が185cmほど、体重は90kgくらい。
ガッチリ体形です。
もう1人は、Tさん、年齢は5つ上。
身長が180cmほど、体重は110kgくらい。
がっちり体形に加えて、番長体形です(笑い)。
まさに巨漢というほどのがっちり体形です。

それに比べて、私は165cm体重65kg。
まさに普通です。
普通すぎて困るほど、普通です。

なぜなら、
特に痩せている訳ではないのですが、
この巨漢の2人に囲まれると、
痩せている訳でもないのに、ひ弱で貧弱にすら見えます。

そんな時に、Iさんが一言・・。
「まさに、水戸黄門様のご一行みたいですね!」
笑えた。
笑った!
格さんみたいなIさん、
助さんみたいなTさん、
そして、私が水戸のご老公・・。
本当に水戸黄門みたい。

彼らに首根っこ捕まれたら、
俺だけ宙に浮いてしまいます(笑い)よ。
宇宙人か?


ページトップへ  トラックバック0 コメント3
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行1・・・旅立ち
2007-08-20-Mon  CATEGORY: 鹿児島奄美大島天草の旅
鹿児島、奄美大島、天草、熊本突貫旅行1・・・旅立ち


さて、今回の旅行ですが、
私のほかに二人の男性を引き連れての、3人旅です。
その理由は、細かく書きませんが、
まあ選挙の為のお願い行脚とだけ書きましょうか。
3人での鹿児島旅行のスタートです!

まずは飛行機で鹿児島空港に到着しました。
元々今回の旅は無茶な旅行で、
なんと1週間前に急遽決まった旅行でした!
ゆえにみんなの顔も少しうつろ・・・。
せっかく鹿児島に来たのに、楽しそうなのは私だけ・・・。

まあでも選挙でも、どんな理由でも、
楽しまなきゃア損だからね。
楽しく行こうよ!
私はそんな気分でした。

鹿児島空港では、レンタカーを借りて、まずは国分町方面に行かなければなりません。
たぶんここからは30分くらいのはずで、
既に事前にアポを入れていたのです。
この感じなら、なんとか約束の15時には間に合うはずです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント3
京都、大阪、食い倒れないツアー10お好み焼き食い倒れ、千房
2007-07-19-Thu  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー10お好み焼き食い倒れ、千房

次の日は、お買い物してから、お昼に千房にいきました。
ここは鉄板焼屋なので、
気合を入れないと駄目ですが、
最初から凄い量の焼き物がでてきます。

お好み焼き、焼ソバ、そして最後に、またお好み焼き・・。
もう食えん。
さすがにほとんどの人が残してしまいました。
誰がこんなに頼んだのか?
いえいえ普通のコースですって!
私は2日酔いもあって、ビールも飲まずに食いつづけましたけど・・。

それからいよいよ大阪を離れます。
吹田から乗って、長野県に戻ります。
名残惜しいですが、食い倒れずに終わったので、
食い倒れ無いツアーでしょうか?

帰りには、岐阜県土岐市にある、アウトレットモールによって、
特に買い物をするわけでもなく、
バスにゆれて、石に揺られて、
長野に戻りましたとさ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
京都、大阪、食い倒れないツアー9大阪城と松村
2007-07-11-Wed  CATEGORY: 京都、大阪食い倒れないツアー新春大会
京都、大阪、食い倒れないツアー9大阪城と松村

そして大阪城では、駐車場からお城までが遠い・・。
遠い・・・。
10分くらいかかるよ。
まあいいけどね。
歩くのは健康にいいから、
あれほどのみすぎ食い過ぎのあとならば、
やはり少しは運動をしないとね!

大阪城には、久しぶりに入りました。
入城すると、やはりはしゃいでしまいます(笑い)。
私は城マニアでもあるんですよね。

また中に入ると、
最初から大阪冬の陣、大阪夏の陣の模型とかマップがあるんだもの。
真田幸村とか真田大助も出てくるし、
凄く見て回っちゃったよ。
はしゃぐに決まっているジャン!

それから再びバスでホテルへ。
その日、夜の宴会の前に、笑点を見ると、松村が出ていました。
体重が141kgから95kgに減ったらしいけど、
初登場だって。
確かに笑点には、似合わない。
でもさすがに笑点の時は、真面目そうに見える。
いい男になったんじゃないの?
まずまず面白かった。

それから宴会をして、食い倒れ人形を見て、
グリコ人形を見て、ドンキホーテの観覧車をみました。
うーん、大阪もまずまず面白いね。

飲み屋の名前も、
道頓堀にあるから、とんぼり○○という名前の飲み屋だったし、
大阪の風情が出ていました。

ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 私の日本三景・・新日本世界7不思議の旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。